ウーマン

変形性膝関節症のツラさから開放される|前兆を感じよう

閉経を乗り切る対策と治療

数種類の生薬

女性特有の不定愁訴の原因

女性ホルモンは年齢を重ねるごとに減少し、更年期を迎える頃にはホルモンバランスの乱れから様々な体調不良が起こります。生理前に気分が不安定になることからもわかるように、女性ホルモンは自律神経にも影響を及ぼします。女性ホルモンが減少することで、自律神経が乱れ様々な不定愁訴が起こります。これが更年期の体調不良の原因です。症状としては、発汗、イライラ、不眠、集中力低下、肩こり、食欲不振など様々ですが、精神的な不安定さを感じる人が多いようです。症状の強さは人により異なりますが、更年期という節目を迎えることは女性にとって精神的、肉体的にも大きな変化です。更年期の症状を改善するために、ホルモン補充療法や漢方薬が良く使用されています。特に漢方薬は、不定愁訴に効果が高いとされています。

不定愁訴に効果的なもの

更年期の不定愁訴の治療に漢方薬が使用されますが、漢方は飲み続けることで徐々に効果が表れます。また、数種類の生薬から作られる漢方は、様々な症状の改善に期待ができ副作用の心配も少ない飲みやすい薬です。更年期の症状改善に使用される代表的な漢方薬は、貧血や睡眠障害を改善する当帰芍薬散、不安やイライラを改善する加味逍遙散などが有名です。健康補助食品として足りない栄養素を補う目的のサプリメントも更年期の女性に役立ちます。更年期の症状のひとつとされる冷え性には高麗人参、疲労回復にはマカ、骨粗鬆症を予防するには大豆イソフラボンが良いと言われています。更年期の女性に必要な健康食品を摂ることも予防や緩和に繋がります。